フェンネル。別名ウイキョウ

Share This:

ドイツでは定番だが、日本ではもしかすると見たことない人がいるかもしれないこの野菜。

フェンネルです。

スープとして食べたり、サラダにしたり、グリルに載せて炙ったり・・・美味しいレシピが皆様おなじみのクックパッドにもたくさんありました。

Fenchel Fennel フェンネル
フェンネル http://www.apotheken-umschau.de/multimedia/115/226/295/55397498897.jpg

せっかくなので、簡単にフェンネルを紹介したいと思います。

セロリに似ていて、ドクトクの香りを楽しみながら美味しくいただきます。甘いとか、苦いとかの味は特にありません。

調理法

フェンネル調理法
フェンネルを調理しましょう。

0 縦半分に切って、丁寧に洗います。ドイツで売っているのには、あまり土はついていませんが、念のため中のほうまで洗いましょう。

メモ:お湯のほうが、冷水より農薬を流してくれます。ササッと流さず、しっかり隅々までお湯で流しましょう。熱湯に強い野菜は、一度熱湯をかけるのも◎

1 ヘタのような部分を少し切り落とします。

2 緑の茎部分を切り落とします。茎も食べれますが、煮込んでも硬いので、気になる方は別にしておきましょう。ピューレにする際などは、使えると思います。

3 白い部分を細く切ります。この際、繊維に逆らって切ります。

4 葉っぱの部分は、ハーブとして使えるので、最後の盛り付けに使いましょう。

レシピ一例:フェンネルとねぎのスープ

フェンネルスープ
強引にウインナー一本!輪切りにしてスープの中に入れてももちろん◎

下ごしらえしたフェンネルと、ねぎ二本、生姜のみじん切り一カケを鍋に入れ、バターと熱します。熱湯を野菜がかぶさるぐらいかけ、そのまま煮込みます。塩で好みの味付けをしてください。30分ぐらい煮込むととろとろになります。最後にウインナーを入れて完成。

フェンネルの底力

実はフェンネルが一番よく使用される方法が、「お茶として飲む」方法なのです。

フェンネルの種、フェンネルシードがティーパックになって売っています。

フェンネルシードは、体に良く、特に消化を手伝ってくれて、胃の調子が悪いときにドイツ人は飲みます。アニスやキャラウェーも似たような効果があり、Fenchel Anis Kümmel Teeとしてスーパーでよく見かけます。

フェンネルシードティー お茶
フェンネルシードティー https://www.edeka24.de/out/pictures/generated/product/1/665_665_90/002896.png

もちろん、フェンネルそのものにもそのような効果があり、スープとして飲むと胃の調子が良くなります。ダイエットにも良いのだとか・・・!

 

是非一度試してみてくださいね!

バレンタインに手作りチョコ

Share This:

ドイツにいても、バレンタインデーには手作りチョコを作りたいと思います。

ですが、いろんな種類があるドイツのチョコ、手作りに向いているのはどの種類なのでしょう?

ズバリ、Kuvertuereを選んでいただきたいです。

Kuvertuereは、ケーキなどを作るときにコーティングするためのチョコで、きれいな艶が出ます。

カカオの量は好みですので、特にお勧めはありませんが、個人的にはビターが好きなので、今回はビターチョコをご紹介します。

Kuvertuere Dunkel
Kuvertuere。Zartbitter は、マイルドなビター、と言う意味です。

200gブロックで売っていることが多いです。

とても切りやすく、初心者にもお勧め。

Schokolade生クリームは、地域によって、名前が違うことがあります。

一般的には、Schlagsahne と言う名前で、ヨーグルトの棚に200ccぐらいのカップで売っています。Schlagrahm と言う名前で売っていることもあります。

基本のトリュフレシピ

  • チョコレート 250グラム
  • 生クリーム 100cc

生クリームを鍋で温め、沸騰する前に火からおろす。

Schokolade_schmelzen砕いたチョコレートを熱い生クリームに加え、溶かす。

Schokolade型に流して固める。

好みでココアや粉砂糖をまぶす。

Schokolade是非、ドイツでのバレンタインを楽しんでください!


 

☆この記事もお勧め☆

世界一のチョコレート大国!ドイツのバレンタイン限定チョコ